一口馬主のこと

一口馬主の収支 〜一口馬主って儲かるの?〜

こんにちは!管理人のてつなりです。

今回は私の趣味である一口馬主の収支について書いていきたいと思います。

これから一口馬主をやりたいなーって考えてても、維持費等の費用が分かりにくく一歩が踏み出せない。

そんな方の参考になれば幸いです。

 

最初に掛かる費用

入会金

まずは「入会金」

クラブに所属している馬に出資するにはクラブ法人に入会する必要があります。

相場は1万〜3万です。

但し、場合によっては最初から無料だったり、キャンペーンで無料になったりしてます。

ただ、これから掛かる費用から考えると入会金なんてカワイイもんです(笑)

出資金

馬の一口を買う費用です。

一般的にクラブに入会するにもただ入会するだけは出来ないので、馬の一口も併せて購入する必要があります。

もちろん一口と言わず余ってれば複数口でも問題ないです。

一口の金額は馬の総額を総口数で割りますので

例えば…5000万円の馬を400口で募集なら、一口は125,000円になります。

金額は1万円程度から高い馬で400万円程度です。

最近は口数が2000口とかかなり多いクラブもありますので、初期費用もかなり抑えれますし、手を出しやすくなってると思います。

また、馬の代金は分割も選択出来ます。一括の方が割引ある事が多いのでオススメですが、一括で支払うのが難しい方は分割で購入するのも一つの手です。

毎年1回、又は一時的に掛かる費用

保険料

馬は高額なので万一の時の為に保険に入ります。
私が所属するキャロットクラブでは毎年12月の一回です。

馬の年齢と募集の総額によって掛金が変わります。

年齢が1歳の時に総額の3%、2歳の時に2.1%、それ以降は1.5%支払っています。

何の時に保険がおりるかというと、細かく決まっていて主に事故の際におります。

ただ、いくら保険があるといっても無い方が全然良いです…

優勝パーティー

これは嬉しいイベントですね。

参加する参加しないはもちろん自由ですが、無条件に控除されます。

私は残念ながらまだそんな馬に巡り合ってないのですが…巡り会いたい(笑)

 

毎月掛かる費用

維持費

これは結構バラツキがありますが、放牧時に大体40万、トレーニングセンター在厩時に約60万と言われます。

これを総口数で割り、毎月会員が支払います

話は少し逸れますが、
これは正直クラブによって違うという話もありますが、ノーザンの様な大きな外厩を持っている所は仕方がないかもしれませんね。

外厩=放牧=休ませるではなく、トレセンの外で鍛えるですからね…

ピリついたトレセンよりも馬もストレス少なく
落ち着いて鍛えれますし、大きな設備を持った外厩は大事です。

また、輸送に掛かる費用や治療に掛かる費用もこれに含まれます。

私の所属するキャロットクラブだと約20頭の維持費を現役期間で割って
平均化した金額が毎月約1300円でした。

月会費

相場は1,000円〜3,000円(税別)ですね。

複数クラブを掛け持ちすると大きな負担になります。

私も2つクラブを掛け持ちしてますが、年間72,000円って考えると私の様な貧乏人にはダメージです(笑)

収入

賞金

これは一口の主な収入となります。

賞金の計算は突き詰めていくとかなりややこしいのですが、賞金を騎手、厩舎、クラブと別れてクラブ法人へ行くお金から計算方法に基づき控除され、会員に分配されます。

会員に分配されるお金は全体の約60%~70%となっており、そこから総口数で割ります。

その他

賞品の売却代金や引退清算金など

もし出資馬が種牡馬になれれば…

これは一番大きな所得になる可能性があります。

現役時の活躍次第では種牡馬入りする事もあり、条件次第ではかなりのお金を受け取れます。

実は私はオルフェーヴルの出資者さんとお話しした時に失礼ながらも興味がありお伺いした事があります。

その時に聞いた金額は5年間という期間ですが、年500万とかどうとか(笑)

さすが40口のサンデーさん…

(情報は口頭で若干あやふやなので話半分だと思ってください・・・)

あたった時の規模がでかい(笑)

モデルケース

ここからは実際に私が出資した馬の最終収支を…

(2018年10月時点)

まずは重賞を勝ってくれた

  • リラヴァティ
出資金 −90,000円
維持費 −68,171円
保険料累計 −7,290円
賞金等 +292,554円
累計 +127,093円

どう感じたでしょうか?

リラヴァティの獲得総賞金(奨励金等含まず)14,179万円奨励金等含んで16,520万円と言われてますから、獲得総賞金(奨励金等含まず)の約80%含んだ金額なら約70%のお金が一口あたりに入ってる事になりますね。

次に、個性的でまだまだ現役

  • ストライクイーグル
出資金 -40,000円
維持費 -62,227円
保険料累計 -3,636円
賞金等 +142,637円
累計 +36,774円

ストライクイーグルは現役オープン馬で5勝しております。

出資金自体は安いのですが、5歳の末という事で維持費の方が高くなってます。

データとしては総獲得賞金7098万で約80.3%、奨励金含んだ賞金総額は8845万で約65%となっております。

ただ、5勝できる馬は全体の約4.5%という厳しい世界!!

 

次は2勝してくれた

  • ノーブルリーズン
出資金 -45,000円
維持費 -51,342円
保険料累計 -3,645円
賞金等 +64,039円
累計 -35,948円

普通の2勝ぐらいでは大体マイナスですね。

ノーブルリーズンは現役は5歳3月までですがそれでも維持費の方が高くなります。

ここで奇妙な逆転ですが、ノーブルリーズンは総獲得賞金が1,450万なので割合でいうと176%と上記2頭より割合は多くなります。これは掲示板外でも出走による奨励金と引退時の買戻しの特約による所でしょうね・・

1勝馬でも掲示板に何度も入る内にプラスになったりしますけども、そんな馬を取れたならそれはもはやアタリの馬なのでそう簡単に巡り合えません・・・(笑)

次は未勝利だった

  • スタンリープール
出資金 -30,000円
維持費 -24,375円
保険料累計 -2,040円
賞金等 +16,820円
累計 -39,595円

2勝馬とあんまり変わりませんね…

理由としては引退が早く維持費が抑えられたから…

繁殖に上がれたのはよかったですがやっぱりレースが見れないのは悲しいです。

(上記の内3頭は牝馬で賞金等の中に馬代の総額の10%の買戻しの特約付きです)

みんなお母さんになってますので産駒のデビューが待ち遠しいですねぇ。

ただスタンリープールはノーザンの外に出されてしまいましたので、産駒がクラブに回ってくる事はないんですよねぇ。

 

取り敢えず、ここで言いたかったのは維持費は結構高くつくって事と、出資金次第ではマイナスはかなり大きくなります。

現に私も20万の出資馬が1勝も出来ずにターフを去った時は流石に直感だけで出資するのはやめようと思いました!

まとめ

さらにイメージしやすいように上記4頭を入会して月の会費を払ったとします

入会金 キャロットクラブは21,600円
出資金 4頭合計で205,000円
維持費 4頭合計で206,115円
月会費 当歳からの4年間で155,520円
賞金累計 4頭合計で516,050円
累計 -72,185円

ある程度、イメージは付きましたでしょうか?

表を作っておいて言うのもなんですが、上記はかなり恵まれた条件だと思ってください。

通常4頭出資して内2頭が5勝して、内1頭が重賞勝つって事自体ほぼないと思います。

 

正直申し上げてマイナスになる事の方が圧倒的に多いです。

また月会費が所得を押し下げてきます(笑)

最初に言った入会金がカワイイってのはこういう事ですね…

 

また、重賞勝ってくれる馬なんて一握りですし、リラヴァティは獲得賞金はその世代の上位3%。この世代は3世代目で2頭出資しただけなので、相当ここで運を使いました(笑)

でもTwitter見てると、初年度からエポカドーロ出資された方もいるみたいですし、持ってる方は持ってますねぇーと言わざるを得ないです。

私は永遠に当たり待ち…

でも優勝すれば記念撮影も一緒に参加出来るかも知れないし、名前をつける事も出来るチャンスもあります

ちょい自慢ですがリラヴァティを名付けたのは私です。(←数名いると思います)

シンハリーズの牝系のブラックタイプ(血統表)にも太字で名前残ります。また感動の共有を出来る仲間にも巡り会えます。

投資商品ってジャンルながらも感情にかなりのシフトを置く商品で、収支は合わないです。

だけどもしかしたら一生忘れられない思い出を貰えるかもしれない。

そんな素敵な趣味だと思ってます。

 

タイトルから多少脱線しましたが、タイトルの質問にはこう答えざるを得ない

『儲かりません!!』

 

ではまたー

 

 

0
ABOUT ME
てつなり
30代 既婚者 現在は賃貸中心の不動産業で仕事中 主な趣味は旅行とグルメと一口馬主。 その他は投資や漫画も興味アリ 嫁の実家のハチワレ猫(じろう君)が大好き! 気持ちは若くも体が老いてきた・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です