お金のこと

ウェルスナビと積立NISAとIDECOの運用実績の比較〜どれが一番オススメなの?〜

どうもこんばんは!

管理人のてつなりです。

今日は投資関連の事をブログに掲載したいと思います。

私の投資経験で株はもちろん、投資信託や為替であったり、色んな事に手を出しました…

が、結局私にそもそもの投資のセンスが無い為、どれも大きく儲ける事は出来ませんでした。

なので、自動で積立てて運用してもらおうって事で始めたのがウェルスナビ積立NISAとIDECOの3つです。

実際に運用した経過の記録をアップして参りますので、興味のある方は参考にしてみて下さい。

本人もよくわからず運用してますので、投資商品の説明はツッコミどころ沢山だと思いますので詳しい人は是非ご教授下さい。

ウェルスナビ

ウェルスナビとはいわゆるロボアドバイザーによる、長期、分散、積立を基本とした自動積立する投資のスタイルの一つです。

ウェルスナビ公式サイト

リバランスも行ってくれるので最初だけ簡単な診断をして、あとは毎月積み立てるだけです。

私の場合は2018年6月から運用していますが、10月はダウ、日経の下げもあり末時点での結果は下記の通り・・・

−2万(笑)

私のポートフェリオです。

診断結果で推奨されたリスク「5」の内訳です。

上記を見ると債権って大きく儲からないと思いますが、やはり硬いですね!

内訳はともかく、私の場合2018年6月に30万円入れて、毎月26日に10,000円ずつ積立を行なっています。

なので投資金額は350,000円になり、現在の評価額は328,885円で計算すると、ウェルスナビの評価上の−6.03%の通りとなりますね。

今のところは不調ですーーー😢

積立NISA

積立NISAは長期積立を想定した制度で、NISAか積立NISAかどっちかでしか運用出来ません。

積立NISAは毎年積立の上限が40万円運用期間が20年と、NISAよりもより長期的なスタンスです。

またNISAと違い、買える商品が少なく信託報酬が低いンデックス型の投資信託で固められているイメージですね。

利点は利益に対し非課税な事で、通常定期等も利益に応じて税金(大体利益の2割)が掛かりますが、NISAは非課税で受け取れます。

まぁ、得しないと意味ないけども(笑)

金融庁による積立NISA公式サイト

こちらも2018年6月からの運用で、初期0円の毎月33,000円の積立です。

(内容はifree8資産バランスを積立)

投資金額165,000円に対し、評価額161,377円で利回りは−2.1%とウェルスナビに比べてマイナス幅は小さくなっております。

IDECO

IDECO(確定拠出年金)の特徴は掛け金が所得から差し引ける事

つまり所得が抑えれる=毎年払う市民税等が抑えられるという事になりますね!!

個人的にこれが最大の利点かなと思ってます。

毎月23,000円の掛け金の場合、276,000円が所得から相殺出来るイメージです。所得にもよりますが、年間4万円〜5万円は節税出来ると思いますので下手な定期よりも運用商品としては優秀です。

デメリットは60歳まで下ろせない事、所得が低くなるという事はローンが組みにくくなる事が上げられますが、平均寿命考えたら60歳まで下ろせない事はそこまでデメリットと言えないとも思っています。

ここからは個人的な見解ですが、積立NISAもIDECOも国の年金が制度として限界がきてる昨今、自分で積立てしてくれと言わんばかりの制度。

特にこちらはかなり優遇されてるイメージ。

普段の生活を苦しめてまではオススメしないですが、金融資産が定期ばかりという方はインフレリスク(物価がすごくあがってます)もありますし積極的に取り入れても良いのかなと思います。

ここからは私の話に戻りますが、こちらも2018年6月から運用で毎月23,000円。先程と違い分散型のファンドと先進国の株の信託商品も交えて運用しています。

評価は下記の通り。

IDECOの場合、初回に手数料(運用会社によって手数料が変わりますが)が掛かりますので単純に23,000円×5で割合ではありませんが、

8資産の方が、−2.5%。
先進株の方が、−4.8%。

併せて−2.8%という結果になりました。

余談ですが、IDECOも買うところは重要です。今や大手の証券会社も月々の手数料0円の所もありますので、間違っても町の銀行とかで月々の手数料払わないようにして下さい

もともと長期を想定してやってる商品ですから、月々手数料500円でも20年なら12万円捨てるのと一緒ですからね

まとめ

ここで比較です

比較の為にその時の日経、ダウ、ドル円の票も併せて掲載

日経平均 ダウ ドル円
21,906円 25,008 112.95円
商品 ウェルスナビ 積立NISA IDECO
基準価格 328,885円 161,377円 108,232円
投資金額 350,000円 165,000円 111,452円
評価損益 -21,115円 -3,623円 -3,220円
利回り -6.03% -2.1% -2.8%

全て真っ赤(笑)

特にウェルスナビは今のところヒドイですね・・・

ただ悲観はしてませんし、個人的には今の内下がっててくれた方安く沢山買えるので

ありがたいです。

ほんとはもっと下がってほしいくらい(笑)

 

結論としましては個人的オススメの商品としてはやはりIDECOですねぇ。

買える商品ラインナップも各社によって増えてきてますし、何より節税効果が大きいです。

 

話は逸れますが、私はこういう話を職場の知人に話したりしますが、何やらメンドクサイとか資産運用がコワい、損するんじゃないかとか言われます。

そういう感覚が一番損すると思いますよー。

大きなお世話を承知で申し上げますが

ココ重要!!

無知は損。情報を得た上で取捨選択しよう!

え、え、えらそうですね・・・(笑)

それではまたーーーー

 

0
ABOUT ME
てつなり
30代 既婚者 現在は賃貸中心の不動産業で仕事中 主な趣味は旅行とグルメと一口馬主。 その他は投資や漫画も興味アリ 嫁の実家のハチワレ猫(じろう君)が大好き! 気持ちは若くも体が老いてきた・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です