一口馬主のこと

種付け料の変更がクラブの馬代にどのタイミングで影響するか調べてみた

5ややか

どーも、こんばんは てつなりです

2019年度の社台スタリオンステーションの種牡馬の種付け料が発表されましたね。

最近行ったばかりの社台スタリオンステーションという事で、結構鮮明に思い出せます

思い出はともかく下記がその金額(空白だった種牡馬はとばしております)

  • イスラボニータ   150万(150万)
  • エピファネイア   250万(250万)
  • オルフェーヴル   400万(500万)
  • キズナ       350万(350万)
  • キタサンブラック  400万(500万)
  • キングカメハメハ  Private(Private1200万)
  • キンシャサノキセキ 200万(250万)
  • クロフネ      Private(200万)
  • サトノアラジン   100万(100万)
  • ジャスタウェイ   400万(300万)
  • ダイワメジャー   500万(500万)
  • ディープインパクト Private(Private4000万)
  • ドゥラメンテ    600万(400万)
  • ドリームジャーニー Private(50万)
  • ドレフォン     300万(300万)
  • ノヴェリスト    200万(300万)
  • ハーツクライ    800万(800万)
  • ハービンジャー   600万(350万)
  • マインドユアビスケッツ 200万(新種牡馬)
  • ミッキーアイル   150万(150万)
  • モーリス      400万(400万)
  • リアルインパクト  80万(80万)
  • リアルスティール  200万
  • リーチザクラウン  80万(80万)
  • ルーラーシップ   400万(400万)
  • ロゴタイプ     80万(80万)
  • ロードカナロア   1500万!!(800万)

*()は2018年度の種付け料。

ハービンジャーの値上がりもビックリですが、ロードカナロアもビックリ。カナロアがキングカメハメハの後継種牡馬の地位を確立しつつも、ドゥラメンテも産駒がデビューしていないのに値段が200万もあがるなんて・・・

そもそもサンデーサイレンスの濃い日本だとディープインパクトはすでに2世代目なので、キングカメハメハの方が後継は残しやすいのは必然と言えるかもしれないけど、完全に後継種牡馬はキングカメハメハに押されていますね。まあ後継残せるかどうかの勝負は3世代目が本番ですが。

 

それはそうと、ここでの種付け料がクラブでの馬代にどのタイミングで影響してくるのかちょっと気になって調べてみました。

その時に活躍した馬がいれば募集時にすぐ上がるだろうという思いはあるものの、やはりデータとして見たい思いもあります。

また対象とする年度は種付け時と募集時で2年タイムラグがある為、2011年から2015年の5年間の推移で見ていきます。

また対象としたのは期間内にディープインパクトとキングカメハメハ、ハーツクライといった活躍馬が出て種付け料が上がっていった馬達とダイワメジャーハービンジャーといったあまり種付け料が変わっていない馬を調べました。

推移の割合が競馬界全体のものなのか種牡馬代によるものなのかも知りたいですからね。

それはそうと社台スタリオンステーションに7年以上在籍できるってすごいよねぇ・・

 

という事でまずは

ディープインパクト

年度 種付け料 推移 平均馬代 推移
2011年 1000万 5072万
2012年 1000万 100% 6002万 118.6%
2013年 1500万 150% 6020万 118.6%
2014年 2000万 200% 7691万 151.6%
2015年 2500万 250% 7647万 150.7%

*表の平均馬代は種付け時から2年後、募集時の平均を記載しております。

この5年でもワグネリアンマカヒキといったダービー馬やサトノダイヤモンドミッキークイーンといった牡馬・牝馬共に活躍馬を多数輩出しているディープインパクト、バンバン金額があがっています。

種付け料の推移で考察すると、馬代が2013年時点で約5000万(馬代は2年後の数字の為)

2014年は種付け料は500万上がって馬代が平均6000万になった事で、種付け料による値上がりかと思いましたが、2015年は種付け料500万上がったにも関わらず、馬代は据え置きでした。

2016年には平均7500万になり大幅な値上げになりましたが、2017年には種付け料1000万(4000万)上がったにも関わらず平均馬代はほぼ据え置きと、種付け料に連動しているとは言えない数字になりました。

私も牡馬のディープは買えません!!また、意外とクラブ馬も売れ残ってますから皆同じ思いなのでしょう・・・

キングカメハメハ

年度 種付け料 推移 平均馬代 推移
2011年 500万 3439万
2012年 600万 120% 3199万 93%
2013年 700万 140% 5425万 157.7%
2014年 800万 160% 3956万 115%
2015年 800万 160% 4648万 135.1%

*表の平均馬代は種付け時から2年後、募集時の平均を記載しております。

キングカメハメハは病気もあり種付け自体をセーブしているので、対象となる数自体が少なくデータはとったものの数的な根拠としては薄いと言わざるをえない・・・

個人的に牡馬であればディープインパクトよりもキングカメハメハの方がダートもこなせるし信頼できると思っているだけにまだまだ頑張って欲しいなぁ

ハーツクライ

年度 種付け料 推移 平均馬代 推移
2011年 400万 2163万
2012年 300万 75% 3285万 151.8%
2013年 400万 100% 2512万 116.1%
2014年 500万 125% 2958万 136.7%
2015年 800万 200% 3416万 157.9%

*表の平均馬代は種付け時から2年後、募集時の平均を記載しております。

こちらは2012年の種付け料に関しては300万と安いのに募集時(2014年)の金額が高いのはヌーヴォレコルトワンアンドオンリーなど輩出したからかなと予想が出来ます。

ただ、その後は概ね種付け料通りの推移に戻っており、種付け料が値上がりした2015年の産駒から馬代がわかりやすく上がってます。

シュヴァルグラン、スワーヴリチャードリスグラシューといった活躍馬が出た事でも種付け料は据え置きなので、2021年まではそこまでものすごく馬代が上がる事はないのかも・・・

ダイワメジャー

年度 種付け料 推移 平均馬代 推移
2011年 400万 2219万
2012年 500万 125% 2449万 110.3%
2013年 600万 150% 2557万 115.2%
2014年 500万 125% 2400万 108.1%
2015年 500万 125% 2832万 127.6%

*表の平均馬代は種付け時から2年後、募集時の平均を記載しております。

種付け料と種牡馬代に関しては誤差の範囲と言ってもいいのかなと思える程のレベル

メジャーエンブレムカレンブラックヒルなどを輩出しながらも種牡馬代を押し上げるほどのインパクトはなかった事もあり、今後の馬代も上がることはなさそう!?

ハービンジャー

年度 種付け料 推移 平均馬代 推移
2011年 400万 2937万
2012年 400万 100% 2380万 81%
2013年 400万 100% 2326万 79.1%
2014年 350万 87.5% 1979万 67.3%
2015年 400万 100% 2392万 81.4%

*表の平均馬代は種付け時から2年後、募集時の平均を記載しております。

こちらも概ね種付け料通りの推移かなと。

ペルシアンナイトディアドラの活躍により来年から種付け料が上がったので、2021年頃からわかりやすく上がるのかも・・・

それにしても社台スタリオンステーションでみたハービンジャーはかっこよかったです。

まとめ

個人的には意外な結果で、一部活躍馬が出た種牡馬の産駒の馬代は翌年に反映されるデータが見れたものの、種付け料が上がった年に上がるというより種付け料が上がった年の産駒が募集される時点で馬代が上がっている様に思いました。

もちろん一概には言えませんが、そこまで極端に上がることはなさそうなので、活躍馬が出て種付け料が上がったとしても、そこまで高くならなさそうです。

*単純に繁殖の質次第で産駒の値段が上がる事もあるでしょうが・・・

まあ活躍馬を出した種牡馬は人気はするでしょうから、産駒に出資できるかどうかは課題ですがね( ´∀` )

(来年はジャスタウェイとかは人気しそうですね)

それはその時の縁ですね

 

それではまたーーーー

0
ABOUT ME
てつなり
30代 既婚者 現在は賃貸中心の不動産業で仕事中 主な趣味は旅行とグルメと一口馬主。 その他は投資や漫画も興味アリ 嫁の実家のハチワレ猫(じろう君)が大好き! 気持ちは若くも体が老いてきた・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です