募集馬評価

2018年シルク1回追加募集の発表!!個人的レビュー

どーもこんにちは てつなりです

今年のシルクさんはアーモンドアイが大活躍した陰に隠れがちですが、ブラストワンピースプリモシーン等もおり大躍進といっていいレベル。

そんなシルクさんに入会して初の追加募集がやってまいりました。

ブログも始めた事だし、馬を見る目のない私ですが個人的データを踏まえた評価記事をやってみようと思いました。

反面教師的な形として参考にして頂きつつ、私の備忘録としても残しておく為に思い切って評価をしていきたいと思います!馬体は分からないのでほとんど評価しませんが(笑)

また動画と尺は発表されておりませんので評価の対象からは外しておりますし、私は血統もわかりませんのでそちらも考慮しておりません。

*使用する個人的なデータはキャロットクラブの2008年産駒から2015年産駒までの8世代です。

またデータは手入力の為、間違いはあるかと思いますので予めご了承下さい。

*また種牡馬のデータは一口馬主DBさん、厩舎のデータはnetkeibaさんを利用しております。どちらも2015年産駒までを対象で現2歳は外してます

(馬名は公式サイトへリンクしてます)

ラッドルチェンド 17

  • (母年齢)  7歳時の3番仔
  • (募集価格) 5600万
  • (父)    ディープインパクト
  • (厩舎)   関東 和田正一郎 厩舎

母年齢のデータ

私のデータによると牝馬(対象340頭)勝ち上がり率は40.6%(平均獲得賞金1948万)で、その中で7歳時の3番仔に限定する6頭中3頭勝ち上がりで50%(平均獲得賞金8466万)

*平均が高いのはリスグラシューがいる為。

また募集価格で母年齢と何番仔を性別と併せて条件とした場合ですが

5000万台以上の牝馬が以前まで殆どいない為データが少なく、7歳時は対象は1頭のみ勝ちあがりなし3番仔は1頭も該当なしでした・・・

募集価格の条件を入れず性別のみの条件とした場合は7歳時の対象は32頭の勝ち上がり率は43.8%(平均獲得賞金2373万)3番仔は対象38頭で勝ち上がり率47.4%(平均獲得賞金5221万)と牝馬全体の平均よりは高い枠ではあります。

種牡馬のデータ

本馬の父ディープインパクト産駒の勝ち上がり率はクラブ募集馬に限定すると、対象370頭で勝ち上がり率は70%(平均獲得賞金5000万)でその内、牝馬に限定すると対象189頭の勝ち上がり率は61%(平均獲得賞金4196万)という結果です。

またさらに生産牧場のノーザンファームをさらに条件付けすると対象72頭で勝ち上がり率は約76%(平均獲得賞金7096万)という異常な数字に(笑)

それは種付け料4000万にするよね・・・

厩舎のデータ

厩舎は和田正一郎厩舎で牝馬の経験は約100頭程度、約37%ほど勝ち上がらせてます。

またノーザン育成との相性はそれなりに良好対象11頭に対し勝ち上がり率は54.5%程ある様です。但しディープインパクト産駒に関しては実績が見当たりませんでした。

今年のリーディングは現在60位で中堅の上位であり、得意条件は芝(特に長距離)としており本馬とはマッチする。

まとめ

母の年齢は個人的には可もなく不可もなくといった枠なので、その点では強調できる材料とは言えない

近親にリアルスティール等もおり血統的にはここで走る仔を出しても全くおかしくは無いが、母の繁殖実績が殆どないのもリスクが高く思う。

父がディープインパクトという事は大きな魅力ではあるが、この年はとりあえずブラックタイドを付けており不受胎だったのでディープインパクトを付けた模様。(翌年はドゥラメンテ)なので、初めから期待されてディープインパクトを付けたかというと懐疑的な部分はある翌年もドゥラメンテを付けているあたり繁殖としてはやはり価値を感じているようにも思う。

馬体バランスは悪くなくトモの形も良さそう。ただ背タレに見えるので、個人的経験からだと馬が消耗しやすく数が使えないタイプではあると思う。

個人的評価は10点中6点とします

エリモアクアポリス 17

  • (母年齢)  11歳時の4番仔
  • (募集価格) 1400万
  • (父)    ノヴェリスト
  • (厩舎)   関東 田中剛 厩舎

母年齢のデータ

私のデータによると牡馬(対象321頭)の勝ち上がり率は56.7%(平均獲得賞金3803万)で、その中で11歳時の4番仔に限定すると6頭中3頭勝ち上がりで50%(平均獲得賞金2570万)

また募集価格で母年齢と何番仔を性別と併せて条件とした場合ですが
1000万台の牡馬のデータ11歳時は対象は7頭で勝ち上がり率は42.9%(平均獲得賞金1390万)4番仔は対象は11頭で勝ち上がり率は36.4%(平均獲得賞金1549万)というデータでした。

これは牡馬の平均勝ち上がり率、平均獲得賞金からすると低い数字となります。(基本的に1000万台の牡馬は平均値は低いので仕方がありませんが・・・)

種牡馬のデータ

本馬の父ノヴェリスト産駒の勝ち上がり率はクラブ募集馬に限定すると、対象26頭で勝ち上がり率は38%(平均獲得賞金492万)でその内、牡馬に限定すると対象9頭の勝ち上がり率は67%(平均獲得賞金709万)という結果です。

生産牧場に関するデータは無しです。

厩舎のデータ

厩舎は田中剛厩舎で牡馬の経験は約130頭程度、約49%ほど勝ち上がらせてます。
またノーザン育成との相性は微妙対象9頭に対し、勝ち上がり率は44%程度でした。

またノヴェリスト産駒に関しては実績が1頭ありましたが勝ち上がれせてはいませんでした。
今年のリーディングは現在約140位で低迷中であり、主戦は江田照男騎手。

得意条件は芝(特に短距離)としており本馬とはマッチする。

まとめ

母の年齢は個人的には可もなく不可もなくといった枠だが、募集価格帯をベースとして考えるとマイナス

また近親にタイムフライヤー等もおり今も活力は感じるが、母の繁殖実績が殆どないのはリスクが高く思う。

次に父がノヴェリストという事で1勝は出来ても、その後がなかなか苦戦する馬が多いように思う。

馬体バランスは悪くない脚が短めなので芝の短めという感じで1勝してコツコツという感じに見えなくもないです。

個人的評価は10点中3点とします

ミオリチャン 17

  • (母年齢)  10歳時の4番仔
  • (募集価格) 1200万
  • (父)    マジェスティックウォリアー
  • (厩舎)   関東 黒岩陽一 厩舎

母年齢のデータ

私のデータによると牝馬(対象340頭)の勝ち上がり率は40.6%(平均獲得賞金1948万)で、その中で10歳時の4番仔に限定すると15頭中11頭勝ち上がりで73.3%(平均獲得賞金2578万)という素晴らしいデータ

また募集価格で母年齢と何番仔を性別と併せて条件とした場合ですが
1000万台の牝馬のデータ10歳時は対象は18頭で勝ち上がり率は50%(平均獲得賞金2379万)4番仔は対象は29頭で勝ち上がり率は48.3%(平均獲得賞金1509万)というそちらも良いデータでした。

またさらに1000万台の牝馬で10歳4番仔と縛りに縛った条件で検索すると、12頭中8頭勝ち上がりで、勝ち上がり率約66%(平均獲得賞金2653万)でこの対象の中にはローガンサファイア、アカネイロ、ビットレート、ブランシェクール等がおり、この価格帯であればかなりいい枠である事は間違いないです。

種牡馬のデータ

本馬の父マジェスティックウォリアー産駒は対象4頭で勝ち上がり率は75%でその内、牝馬に限定すると対象1頭の勝ち上がりはなし(平均獲得賞金592万)という結果です。

種牡馬と生産牧場に関するデータは無しというより、種牡馬のデータが全体的にない。

厩舎のデータ

厩舎は黒岩陽一厩舎牝馬の経験は約80頭程度、約38%ほど勝ち上がらせてます。
また社台育成との相性は良く大物はいないものの対象12頭に対し、勝ち上がり率は58.3%程度あります。

ただし、マジェスティックウォリアー産駒に関しては実績がありませんでした。

今年のリーディングは現在約100位で中堅であり、主戦は内田騎手。
得意条件は芝(特に短距離)としている。

まとめ

母の年齢等のデータはかなり魅力的でいいポイント。また母の競争成績を考えた時にここまで産駒が走らないものなのか不思議ではある。その点を鑑みると繁殖実績、近親の活力等はリスクがある。

馬体はまだまだトモ高でまだまだ成長しそう。ややメリハリに欠ける馬体でバランスはイマイチに映る。

繁殖実績はリスクなれど馬格さえあれば父の産駒はダートもこなせる筈なので、データ的には面白い1頭だけに価格を考えると悪くないのかも。

個人的評価は10点中5点とします

メジロルバート 17

  • (母年齢)  14歳時の7番仔
  • (募集価格) 2800万
  • (父)    オルフェーヴル
  • (厩舎)   関西 松永幹夫 厩舎

母年齢のデータ

私のデータによると牡馬(対象321頭)の勝ち上がり率は56.7%(平均獲得賞金3803万)で、その中で14歳時の7番仔に限定すると3頭中1頭勝ち上がりで33%(平均獲得賞金2760万)

また募集価格で母年齢と何番仔を性別と併せて条件とした場合ですが
2000万台の牡馬のデータで14歳時は対象は6頭で勝ち上がり率は66.7%(平均獲得賞金2082万)7番仔は対象は7頭で勝ち上がり率は57.1%(平均獲得賞金1494万)というデータでした。

ちょっと対象が少ないので、価格の条件を外すと14歳時は対象は14頭で勝ち上がり率は71.4%(平均獲得賞金6234万)7番仔は対象は32頭で勝ち上がり率は62.5%(平均獲得賞金3015万)というデータでした。

14歳時の7番仔というデータは少ないのですが、それぞれの平均から鑑みると平均と一緒かより少し高いぐらいの印象の枠です。

種牡馬のデータ

本馬の父オルフェーヴル産駒の勝ち上がり率はクラブ募集馬に限定すると、対象42頭で勝ち上がり率は33%(平均獲得賞金1857万)でその内、牡馬に限定すると対象20頭の勝ち上がり率は30%(平均獲得賞金1860万)という結果です。

まあ難しそうな種牡馬ですね・・

また生産牧場でオルフェーヴルの生産に関するデータは無かったです。

厩舎のデータ

厩舎は松永幹夫厩舎で牡馬の経験は約140頭程度、約59・7%ほど勝ち上がらせてます。
またノーザン育成との相性は良好対象24頭に対し、勝ち上がり率は75%程度で信頼にしていい厩舎かと思います。
またオルフェーヴル産駒に関しては牡馬で実績が1頭ありましたが勝ち上がれせてはいませんでした。但し牝馬では重賞勝ち馬のラッキーライラックがいます。

今年のリーディングは現在約17位で昨年より順を上げています。依頼が多いのは武豊騎手で次点で川田騎手でした。

得意条件は芝としており本馬とはマッチする。

まとめ

母の年齢は個人的には平均的なデータの枠だが、牡馬なので比較的勝ち上がり率は高い

また兄弟も堅実に走っている事、ロマンを感じる血統で追加募集の中では間違い無く人気するでしょうし私としてもオススメです。

オルフェーヴルの産駒が安定して走っていない事で傾向が分かりにくい事と気性が心配な目をしておりますが、馬体のバランスは良く見えました。

個人的評価は10点中7点とします。

ミステリアスオーラ 17

  • (母年齢)  11歳時の6番仔
  • (募集価格) 1600万
  • (父)    パイロ
  • (厩舎)    関西 武 幸四郎 厩舎

母年齢のデータ

私のデータによると牡馬(対象321頭)の勝ち上がり率は56.7%(平均獲得賞金3803万)で、その中で11歳時の6番仔に限定すると8頭中2頭勝ち上がりで25%(平均獲得賞金2394万)

また募集価格で母年齢と何番仔を性別と併せて条件とした場合ですが
1000万台の牡馬のデータで11歳時は対象は7頭で勝ち上がり率は42.9%(平均獲得賞金1390万)6番仔は対象は4頭で勝ち上がり率は50%(平均獲得賞金1417万)というデータでした。

これまた対象が少ないので、価格の条件を外すと11歳時は対象は32頭で勝ち上がり率は53.1%(平均獲得賞金3217万)6番仔は対象は29頭で勝ち上がり率は58.6%(平均獲得賞金2701万)というデータでした。

改めて1000万台の馬で勝てる馬を見つけるのが難しいってのが明らかになりますよね・・

 

種牡馬のデータ

本馬の父パイロ産駒の勝ち上がり率はクラブ募集馬に限定すると、対象12頭で勝ち上がり率は25%(平均獲得賞金577万)でその内、牡馬に限定すると対象7頭の勝ち上がり率は0%という結果です。

データの分母が少ない為、全体に検索を広げたところ146頭中37.7%の勝ち上がりでした。

平均と変わらないくらいの勝ち上がり率との事です。

 

厩舎のデータ

厩舎は武幸四郎厩舎で牡馬の経験は約15頭程度で転厩による所なので正確なデータは調べてません。
またノーザン育成との相性はほぼデータがないです。

今年のリーディングは現在約107位です。依頼が多いのはお兄さんの武豊騎手でした。

まとめ

母の年齢はともかく1000万台の牡馬という点で平均的なデータよりも下回るデータにはなってしまう。

産駒のデータは全5頭中、中央で1頭勝っており、2頭は地方で勝利しているが実績としては弱く感じる。

馬体は筋肉もありバランスは良さそう。繫ぎがかなり立ち気味なのでダートかな・・・

個人的評価は10点中4点とします。

 

以上、見る目のない私の個人的な評価でした(笑)

 

この中で私が申し込みをするならメジロルバートですが、ミオリチャンも面白そうなんですですけど繁殖としての能力がなあ・・・

尺と動画みて考えます!!

 

それではまたーーー

 

0
ABOUT ME
てつなり
30代 既婚者 現在は賃貸中心の不動産業で仕事中 主な趣味は旅行とグルメと一口馬主。 その他は投資や漫画も興味アリ 嫁の実家のハチワレ猫(じろう君)が大好き! 気持ちは若くも体が老いてきた・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です