一口馬主 データ

キャロットクラブ デビューする月別の成績一覧(牡馬編)

どーも こんばんは!! てつなりです。

 

今日はちょっと前のブログで少し触れた

デビュー月別における勝ち上がり率や獲得賞金の一覧を作成しました。

※ちょっとデータが多いので牡馬(セン馬含む)と牝馬に分けます。

あくまでも管理人の個人的な作成データから抽出している表になります。

入力間違いがある事も考えられるので、予めご理解頂いた上で参考にして下さい。

デビューする月別の成績表について

表を作った意味

この表は出資を左右するものではなく、これから私が出資していくにあたり、対象を絞り込みをする為に作ったデータの副次的なものです。

出資の参考になるものではありませんが、興味のある方は参考にして頂ければ幸いという事でブログに掲載しました。

データの収集する範囲について

  • キャロットクラブ所属
  • 牡馬
  • 2008年産~2015年産
  • 対象は321頭
  • デビューしていない馬は含まない

となっております。

 

早速ですが下記が票になります。

デビュー月(牡馬)(拡大版はこちらへ)

表の見方として

一番上の行【全体と記載された行】は性別関係ない2008年~2015年のキャロットクラブ所属馬の総数になります。

列の右から順に

  • 対象となる数
  • 勝ち上がり頭数
  • 2勝馬
  • 3勝馬
  • 重賞勝ち馬
  • 募集金額100%回収した馬
  • 未勝利戦デビューの馬
  • 平均獲得賞金
  • デビュー月・・・2歳6月を”1”とし2歳7月を”2”というように数値化してあります
  • 母年齢
  • 何番仔(JBIS上のデータで雌雄がわからない場合はノーカウント)
  • 募集時の尺
  • デビュー時の体重
  • 募集時の体重からデビュー時の増加率

その下は【2行目:基準となる牡馬全体のデータ】緑のマーカーで注釈)

その下は順に(3行目:2歳6月)【4行目:2歳7月)(青文字で注釈)といった様にデータが分かれています。

また各行の上の段は対象の数になり、下の段は対象となる数字に対しての割合が記載してあります。下の段に関してはバックが【緑なら基準より上】【赤なら基準より下】になります。*平均獲得賞金はそのまま基準より多いか少ないかです。

また、このデータは募集価格別にはしてませんが、募集価格と成績はほぼ連動すると言っていいです。クラブ(ノーザン)の価格設定は概ね適正であると言えますし、1000万台の馬で何頭も当たりを引ける方は凄いと思います。

結果

結果は御覧の通り、先日ブログ内でふれた通り、デビューが早い方が平均的な成績は良いです。また、牡馬でも遅くとも3歳2月にはデビューしたいところではあります。

全体の2割程度である2歳8月迄にデビュー出来ればほぼ勝ち上がれます。さらに2歳7月、8月のデビュー組は半数以上が回収率100%越えと平均値的な意味ではかなり優秀です。

今年の2歳馬  2歳7月・8月デビュー組

  • カウディーリョ
  • ソルドラード
  • サンルイス
  • ディキシーナイト
  • クラージュゲリエ
  • カテドラル
  • ニードルズアイ
  • ダブルクラッチ

後述で活躍馬を記載しますが、キャロットの大物は2歳10月デビュー組が多いです。但し種牡馬クラスの馬が何頭かいるにも関わらず、平均獲得賞金が2歳7月デビュー組に劣る様に、2,3年に1頭大物がいるかどうかっていう印象です。

今年の2歳馬  2歳10月デビュー組

  • ハーメティキスト
  • ヴァイトブリック
  • エングレーバー
  • グルーヴィット
  • モンドヌーヴォー
  • エスコビージャ
  • ライトヴェロシティ

年が明けて3月以降になると段々と指数が悪くなり、牡馬といえど勝ち上がり率は3割を切っています100%回収できる馬はその中でも約1割程度・・・

また重賞勝てる馬がもちろんいない訳ではありませんが、厳しい状況ではありそうです。

ただ、デビュー月別のこの表からは牡馬に関しては母の年齢や何番仔や尺といったデータからは募集時に出資するのに絞る為の条件と出来るような大きな差を見出すことは出来ませんでした。

但し、あくまでも上記は平均での数字なので母年齢・何番仔・生産月、募集時の体重(又は条件を絡めて)等違う角度からの検証してみたいと考えます。

デビュー月別に分けた活躍馬達

(5勝以上 or 重賞勝ち馬 or 獲得賞金1億)

2歳6月組(対象21頭中)

  • ダローネガ
  • ピオネロ

2歳7月組(対象22頭中)

  • ステファノス
  • クリソライト
  • ホーカーテンペスト
  • アーデント
  • フェルメッツァ

2歳8月組(対象20頭中)

  • カルドプレッサ
  • ポイントブランク
  • サンマルティン
  • プロフェット
  • エピカリス

2歳9月組(対象32頭中)

  • アルフレード
  • ラブラバード
  • トゥザワールド
  • ディアデルレイ
  • ストレンジクォーク
  • シュペルミエール
  • メートルダール

2歳10月組(対象45頭中)

  • リアルインパクト
  • エピファネイア
  • クリプトグラム
  • ドレッドノート
  • レイデオロ

2歳11月(対象36頭中)

  • ファタモルガーナ
  • ジェベルムーサ
  • シャイニングレイ
  • クルーガー
  • アップクォーク
  • リオンディーズ
  • ストライクイーグル
  • グローブシアター

2歳12月(対象36頭中)

  • アロヒラニ
  • アダムスピーク
  • グレナディアーズ
  • リアファル
  • サーブルオール

3歳1月組(対象16頭中)

  • 該当無し

3歳2月組(対象21頭中)

  • ネオリアリズム
  • ムーンクエイク

3歳3月組(対象17頭中)

  • 該当なし

3歳4月組(対象9頭中)

  • 該当なし

3歳5月組(対象37頭中)

  • フレールジャック
  • エルマンボ
  • レアリスタ

うーん・・・

やっぱり見慣れた繁殖の仔が多いですね(笑)

と、以上が参考データ結果になります。

最後に

新たに採用されたスリーアウト制に関しては、前々からノーザンもデビューを早める様に意識しているような調教過程なので、結果勝てなかった場合は馬の能力による所が大きいと思っております。

また言うまでもなく、1歳の時点の調教からその調教過程の中で既にふるいに掛けられてるのは間違いありません。

ただ、この1歳12月の段階で【ハロン15秒だー】とか【まだまだ20秒だ】とか、一喜一憂のコメントをちらほら見かけますが、この時期なら頓挫してなければ問題ありません!! 2019年1月時点で再度調べた結果、坂路の調教が早い方が移動時期が早い傾向が高かったです。すみません


そろそろ心配だなってなるのは、2歳3月で坂路18秒、体が明らかに成長していなく小さい、疲れコメントが出る等はデビューが遅れる要因になります。

またこの辺りは年末の休暇を利用して根拠あるデータをブログに載せたいと思います。

 

それでは、次回はデビュー月別の牝馬編をやりますので、改めて宜しくお願いいたします。

 

ブログを最後まで見て下さったみなさんありがとうございます。

こんなデータが見たい等のリクエストがあれば私が持っているデータであれば調べてみますので、ご要望があればお気軽にブログのコメント欄かTwitterでメッセージ下さい。

それではまたーーー

 

 

1+
ABOUT ME
てつなり
30代 既婚者 現在は賃貸中心の不動産業で仕事中 主な趣味は旅行とグルメと一口馬主。 その他は投資や漫画も興味アリ 嫁の実家のハチワレ猫(じろう君)が大好き! 気持ちは若くも体が老いてきた・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です