一口馬主 データ

生産月による成績の違い(キャロットクラブ 牡馬編)

どーもこんにちは てつなりです。

今年も有馬記念が終わりましたねー。

優勝されたブラストワンピースの関係者や出資者さんはもちろん、ファンの方おめでとうございます。

また、2着のレイデオロもそうですが、出走された各馬達や厩舎関係者に労いと敬意を表したいと思います。

いつかあの素晴らしい舞台に私も出資馬を送り、精一杯応援したいと思っています。

めちゃ緊張するだろうな・・・(笑)

そうなる為にまず活躍しそうな馬を選びたい!!って事でクリスマスの今日も含め日々勉強中ではあります(*´з`)

先日このブログでキャロットクラブにおける【デビュー月による成績の違い】について調べてみて、その流れで生産月の違いが競走馬としてのデビューにどの程度影響がでるかまとめてみました。

結果、さらに深く調べる為に、取り合えず募集時の体重注目してデータをまとめてみたのですが、本日はその時の牝馬編に引き続き今日は牡馬編をブログに掲載します。

興味ある方は是非見てみて下さい(*´ω`*)

また、下記が前回のブログと牡馬編のデビューによる成績の違いをまとめたブログになります。

生産月による成績の違い(キャロットクラブ 牝馬編)どーも こんにちは てつなりです。 レイデオロやアーモンドアイとは言わないまでもG1でドキドキできる様な活躍馬を見つけたい――!!...
キャロットクラブ デビューする月別の成績一覧(牡馬編)どーも こんばんは!! てつなりです。 今日はちょっと前のブログで少し触れた デビュー月別における勝ち上がり率や獲得...

では、さっそく生産月による違いの結果発表です。

*下記の表は管理人が手入力で集計したデータになりますので、間違いがある可能性がございます。あくまでも目安程度の気持ちで閲覧下さいm(__)m

生産月別による成績表

生産月別(牡馬)(詳細はコチラ)

表の見方はコチラ

やはり牝馬に比べて牡馬の方が数値が高いですね・・・

ただ、牝馬は5月が数値が悪かったのに対し、牡馬は3月が全体的に数値が低いですね・・・

牝馬の5月の数値が低い理由はデビューが遅れる分っていう理由で分かるものの、牡馬の3月の成績が良くない理由が分かりません

だれか理由が分かれば教えてください(笑)

 

 

それはそうと、牝馬で調べた様に牡馬でも生産月と募集体重別の成績を調べたので下記が表になります。

 

1月

体重別(1月牡馬)(詳細はコチラ)

牡馬も牝馬と同様、1月生まれで体重軽いとあまり成績が良くないみたいです。

最低でも440キロ以上は欲しいところで、推奨ラインは480キロ以上~510キロ(上限は募集された産駒で極端に大柄なサイズもいなかった為、あくまでも目安)が成績が安定して優秀でした。

大柄な為かグレナディアーズやジャッカスバークといったダートで実績のある馬やティソーナやリオンディーズといった血統馬もいるゾーンです。

1月生まれの活躍馬

 

  • アーデント  431キロ
  • グレナディアーズ  496キロ
  • シュペルミエール  465キロ
  • リオンディーズ  502キロ

*各馬の名前の後の体重は募集時の体重

で、やはり牡馬でもディープインパクト産駒であれば多少小柄であろうが、一定の成績は期待できそうではあります。

2月

体重別(2月牡馬)(詳細はコチラ)

2月生まれは平均獲得賞金も一番多く、なにより重賞勝ち馬の割合がなんと80頭中9頭と抜群の成績を誇ります。

やみくもに2月生まれに出資しておけばそのうち重賞勝てるかも知れません(笑)

っていうのは冗談として、2月生まれの体重の推奨ラインは450キロ以上480キロ未満でした。

ちなみに2月生まれで募集時の体重が430キロ以下の軽いグループは全部で10頭と割合は少ないですが、勝ち上がり率4割で平均獲得賞金も約1000万と厳しい結果です。

また、体重が500キロを超えるような馬はダートで良い成績を残しており、クラシックとは無縁で平均の数値は決して高くはないですが、軽いぐらいなら重い方がいいです。

2月生まれの活躍馬達

  • アダムスピーク 434キロ
  • エピファネイア 477キロ
  • クリソライト 476キロ
  • ジェベルムーサ 522キロ
  • ステファノス 459キロ
  • リアファル 455キロ
  • メートルダール 442キロ
  • プロフェット 434キロ
  • レイデオロ 461キロ
  • エルマンボ 490キロ
  • ラブラバード 458キロ
  • ディアデルレイ 475キロ
  • グローブシアター 441キロ

*馬名の後の体重は募集時の体重

体重・・・そんな事より繁殖が優秀なだけなんじゃないのか・・・と心が折れそうになるような名前達ですが、取り合えずいったん体重別の成績表はつくります(´;ω;`)

ちなみにエピファネイア、クリソライト、レイデオロの母は優秀なのは皆さんご存知ですが、全て母は8歳時の産駒です・・・

3月

体重別(3月牡馬)(詳細はコチラ)

さて・・・・なぜか平均の数値の低い3月です。

理由はこの表には無いですが、募集平均金額が一番低いことからも・・・

ミモフタもなくなるから言いたくないけど

恐らく・・・良繁殖の産駒が少ないのでは・・・( ;∀;)

 

とはいえ、こういう月から良いデータがとれる体重のゾーンがあるならそれはそれで

成果だし!!と調べてみました。

結果としては、やはり平均値からすると全体的に下回る体重のゾーンばかりですが、比較的良かったのが430キロ~460キロを推奨ラインとします。(出資金100%以上回収した馬の割合が31頭中の9頭[29%]でほぼ平均値と一緒ぐらいなものですが)

また、逆に募集時に420キロ以下と480キロを超えるような馬はネオリアリズムを入れて23頭いますが、ネオリアリズムを除くと3勝以上した馬がディープインパクト産駒のアーカイブ1頭のみと厳しい結果に終わっています。(こちらは出資金100%回収した馬が23頭中3頭[13%]という結果に)

3月生まれの活躍馬達

  • ネオリアリズム 489キロ
  • サンマルティン 479キロ
  • サーブルオール 458キロ
  • ドレッドノータス 443キロ

*馬名の後の体重は募集時の体重

なんてハービンジャーな月でしょう!!あとは4頭中2頭がディアデラノビア・・・

キャロの繁殖の優秀さを改めて感じます(笑)

4月

体重別(4月牡馬)(詳細はコチラ)

3月と比べたらかなり安定しています(笑)

その中でも優秀なのが募集時の体重の推奨ラインは430キロ~470キロまでです。

勝ち上がり率もそうですが、対象となる馬が38頭いて100%以上回収している馬が15頭[約40%]と平均より10%程度高いゾーンになります。

また極端に悪いっていうには対象が3頭と少なすぎますが400キロ未満の馬は厳しい結果になっているのと、470キロ以上の馬も平均よりは低い数値となっております。(対象は全部で16頭、勝ち上がりは6頭[37・5%]で100%以上回収できているのが3頭[約19%]のみです)

4月生まれの活躍馬達

  • アルフレード 468キロ
  • トゥザワールド 504キロ
  • クルーガー 447キロ
  • ムーンクエイク 444キロ
  • アロヒラニ 404キロ
  • ホーカーテンペスト 467キロ
  • ピオネロ 468キロ
  • ポイントブランク 478キロ
  • レアリスタ 453キロ
  • ストライクイーグル 464キロ

*馬名の後の体重は募集時の体重

3月に比べると枠が広がっており、選びやすい月です(*´з`)

5月

体重別(5月牡馬)(詳細はコチラ)

なんと分かりやすい(笑)

牝馬の5月生まれは難しい月でしたが、牡馬は逆に明確ですね・・

また牝馬は400キロ未満の方が成績は良かったですが、牡馬の場合は対象が少ないこともありますが400キロ未満の馬は成績が良くない事が分かりますね。

ここでの推奨ラインは400キロ以上~460キロ未満とします。(但し、なぜか440キロ台のデータが良くなかったのです)全部で対象が38頭で100%以上回収した馬が18頭(約47%)と【3勝以上の馬で17頭】非常に優秀なゾーンです。

逆に募集時に400キロ未満と460キロ以上の馬は対象が14頭のみですが、勝ち上がりが6頭(約43%)の100%以上の回収率が2頭(14%)と平均値より低い結果が得られました。

5月生まれの活躍馬達

  • フレールジャック 405キロ
  • リアルインパクト 432キロ
  • シャイニングレイ 453キロ
  • クリプトグラム 412キロ
  • カルドプレッサ 454キロ
  • ダローネガ 450キロ
  • フェルメッツァ 402キロ
  • ストレンジクォーク 438キロ
  • アップクォーク 425キロ

*馬名の後の体重は募集時の体重

また私の活躍馬の定義(5勝以上か獲得賞金1億、又は重賞勝ち)に当てはまってはいないですが、ローズミラクル(467キロ)やパリンジェネシス(423キロ)などもおり、決して良血の募集金額が高かった馬ばかりではない馬達がいます。

まとめ

全体的には生産月における体重別と成績の因果関係は牝馬と同様の傾向が見られました。

下記が私が推奨する募集時の体重をまとめた表になります。

1月生まれ 募集時の体重が480キロ~510キロ
2月生まれ 募集時の体重が450キロ~480キロ
3月生まれ 募集時の体重が430キロ~460キロ
4月生まれ 募集時の体重が430キロ~470キロ
5月生まれ 募集時の体重が400キロ~460キロ

また牡馬でも良繁殖の仔やディープインパクトの仔は上記体重の幅以外でも、活躍馬を出す事はありますが、牡馬のディープインパクト産駒における例外の数は牝馬に比べると割合が少ない気がしました。

基本的にはあまり軽くても重くても積極的には手を出さない方が無難な気はしますねー

そこまで極端な体重で募集される産駒自体が多くはないのですが・・・(*´Д`)

いずれにしても、これで募集月における体重別の成績の検証は一旦終了としたいと思います。

 

次の検証テーマですが・・・

募集価格帯別はノーザンの場合は基本的に金額で比例するので、あまり面白くないんですよね( ;∀;)

なので次回は育成・外厩別や母年齢と何番仔の組み合わせを検証したいと思います。

 

長文閲覧頂き誠にありがとうございます。

またお時間があればお付き合いください(‘ω’)ノ

ではまたーーー

0
ABOUT ME
てつなり
30代 既婚者 現在は賃貸中心の不動産業で仕事中 主な趣味は旅行とグルメと一口馬主。 その他は投資や漫画も興味アリ 嫁の実家のハチワレ猫(じろう君)が大好き! 気持ちは若くも体が老いてきた・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です