一口馬主のこと

一口馬主始めるにあたってのオススメの本

どーも こんにちは てつなりです

今日のブログテーマはこれから一口馬主を始めたいと思っている方向けに書きたいと思って書きます。

一口馬主(一口馬主の説明は省略します)をやりたいと思っている方は大体の方が競馬に対して興味を持っている方だと思っています。

個人的に言える事は、競馬への見方がすごーーく変わります。

一口馬主が合う合わないは個人差があるから言い切れないですが、私は一口馬主を始めた事によって『競馬=ギャンブル』から『競馬=ロマン』の部分がより強くなりました。

この趣味は殆ど上手くいかずお金も掛かるし悔しい事の方が多い。だからこそ、上手くいったときの感動が大きくなる

そんな一口馬主の世界に興味のある方は是非踏み込んで欲しいなと思っています。

前置きが長くなりましたが、今日はそんな一口馬主の世界に対して前向きに考えてくれている方にオススメの本を紹介していきたいと考えております。

専門の色が濃いので大きい本屋さんしか置いてないと思われるのが残念ですが・・・

*一口馬主自体の始め方は各クラブに資料請求する所から始めて下さい。今はサイトで一括で請求出来るので、そのサイトのフォームから申し込みすれば手間が少なくすみます。もちろん直接クラブに請求する形でもいいですし、ここのサイトに申込みフォームの無いクラブもあります。

数社に請求する場合、家族がいれば資料が一杯届いて不要な心配を掛ける恐れがあるので、予め資料が届く旨を話しておいた方がベターかも知れません(笑)

資料はここから請求掛けれます 一口馬主DB(公式サイト)

一口馬主 初心者にオススメのクラブどーもみなさんこんにちは。 管理人のてつなりです。 突然ですが、競馬好きにとって馬主は憧れる存在ですよね。 但し、馬主...

 

まず1冊目ですが

馬体は語る

 

また、内容としては、いわゆる馬体から馬の能力を見極めようとする本です。著者である治郎丸氏氏も『馬見に関しては全て網羅するつもりで書きました』とおっしゃっています。

他にも日本の上位種牡馬毎の特集関係者インタビューなど。

馬って素人が見たら、毛色が違う・顔の模様が違うぐらいで殆ど同じに見えると思うんですが、しっかりみたら個性がある事を納得して頂けると思います。

また治郎丸氏は過去にも下記の『ROUNDERS』に編集長として携わっています。

 

上記はその『ROUNDERS』の中の『Vol・4の馬見について』の1冊

こちらも馬体にまつわる事をメインに、調教師を勇退された二ノ宮氏やアメリカで牧場を営んでいる吉田氏のインタビュー等が掲載されている本になります。

治郎丸氏は長らく馬体について携わっている方なので、一度手に取って頂いても損はないと思います。

POG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬がわかる本

 

こちらはシリーズ化されつつあるのか過去にも同様のタイトルの別の本があります。

内容としては種牡馬別の馬体の事や今の配合面や血統面などが掲載されています。

一通り相馬について掲載されていますので、自分がどこを重視するのか見極めるツールとして参考にするのにオススメです。

とオススメの本として紹介するには数は多くはありませんが、上記がオススメの本とさせて頂きます。

まとめ

私の感覚ですが、馬を選ぶポイントは人によって違い、『馬体派』だったり『血統派』だったり、いろいろ重視するポイントは人それぞれです。

また、怪我のリスクのは無しですが内向や外向の歩様や、脚が曲がっていても走る馬は走るとされています。

そうなってくると何が正解か分からなくなってくる事もたしかですが、100%馬を見極める事は出来ないけど、精度を上げれるのは確かだと思っています。

まずはご自身なりに馬選びの基準を作って頂いて、自分の納得する形で出資して頂ければ幸いです。

いい一口馬主ライフを送れるように願っています。

それでは、またーーー

 

 

 

 

0
ABOUT ME
てつなり
30代 既婚者 現在は賃貸中心の不動産業で仕事中 主な趣味は旅行とグルメと一口馬主。 その他は投資や漫画も興味アリ 嫁の実家のハチワレ猫(じろう君)が大好き! 気持ちは若くも体が老いてきた・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です