募集馬評価

2019年シルクホースクラブ2次追加募集の発表!個人的評価(関西編)

どーも こんばんは てつなりです。

シルクホースクラブの2次募集関東に引き続き関西馬も評価していきたいと思います。

当方は下民なのでGW中も仕事なので更新が遅いのはご愛敬(´Д⊂ヽ

それはそうと評価につかうデータですが

  • 2008年~2016年産のキャロット所属
  • 2016年産のシルク所属

を利用します。シルクさんは最近収集始めましたが、キャロットも同じノーザン系なのでキャロットのデータを流用します。また、データについては個人的に日々収集している情報になりますが、これは手作業なので間違いはある事もございますので予めご了承下さい。

ローブティサージュの17

  • (母年齢)  7歳時の初仔
  • (募集価格) 5000万
  • (父)    オルフェーヴル
  • (厩舎)   関西 須貝尚介 厩舎
  • (体重)   454kg
  • (近親)   ヴィクトワールピサ等

母年齢等によるデータ

  • 7歳時の初仔(牡馬)

勝ち上がり率72.7% (平均獲得賞金2551万) 対象22頭

牡馬の平均56.2%(平均獲得賞金3549万) 対象388頭

結果・・・平均より勝ち上がり率は高く優秀だが平均獲得賞金は少し低め

また募集価格帯で母年齢・産駒それぞれを限定すると

  • 5000~6000万台 7歳時の産駒(牡馬)

勝ち上がり率100%(平均獲得賞金3300万) 対象6頭

  • 5000~6000万台 初仔(牡馬)

勝ち上がり率75%(平均獲得賞金2201万)対象8頭

結果・・・勝ち上がり率はかなり高く、2.3勝はしてくれそうなイメージ

種牡馬からみるデータ

  • 父 オルフェーヴル

馬格がある方が走るとされるオルフェーヴル。また安定感とはかけ離れたイメージ

  • クラブで募集のオルフェーヴル産駒・牡馬の成績(3・4歳)

勝ち上がり率 24% 平均獲得賞金1103万(対象41頭)

  • クラブ募集のノーザンファーム・白老ファーム生産のオルフェーヴル産駒・牡馬の成績(3・4歳)

勝ち上がり率 36.3% 平均獲得賞金629万(対象22頭)

繁殖の質を考えると厳しめの数字ですねぇ。ノーザンでの種付け数が減っているとの事なので残念です。引退レースの有馬記念は感動しましたし、能力考えたらカナロアにも劣らないと思うんですが。ただ、気まぐれでどこかで大物を出してくれるのでは・・・

良い点としては母父との相性は良さそうでウォーエンブレムでの実績はマルーンエンブレムのみだが、しっかり勝ち上がっている事。また母父の系統であるミスタープロスペクター系で考えればエポカドーロもいるので相性は良いと言って良いと思います。

厩舎のデータ

  • 須貝 尚介厩舎

2019年現在、例年より勝率は落としているもののリーディング15位と上位厩舎である事は間違いない。

メイン騎手はルメール騎手・次点で北村友一騎手(藤井騎手の騎乗が増えるかも)

得意条件は芝の方が勝利数が圧倒的に多いもののダートの勝率が悪いわけではない

血統からも芝から試すだろうが何らかの要因でダートへ路線変更する事になっても、調整面での問題はないかと思う。

また、オルフェーヴル産駒は今まで3頭(うち2頭が牝馬)手掛けている。成績は牡馬のクリノクーニング1頭のみの勝ち上がり。

動画

まとめ

初仔とはいえ初仔の中では比較的成績の良い7歳児の産駒なので(理由としては6歳まで現役続けれる様な繁殖牝馬は成績が優秀な事が多く、産駒の能力も比較的高めな産駒が多いからかと考えています)悪くないが、体の幅が寂しく映るしまだまだ成長して欲しい所。1月生まれなのでここからの極端な成長はないだろうが・・・

血統から未勝利は考えにくいが、この価格帯なだけに上のクラスで活躍を期待したいところではある。また、動画から受けた印象は脚の捌きは問題なさそうだが、クッションは硬そうに見えたので将来的にはダートも試してくかも。そうなるとこの馬格ではやや不利か・・・

個人的な評価としては尾がキレイで非常に見栄えするが、馬代の回収を考えると父の安定しない産駒のデータでは手が出しにくい・・・【10点中5点】

ハルーワソングの17

  • (母年齢)  21歳時の14番仔
  • (募集価格) 2000万
  • (父)    ワールドエース
  • (厩舎)   関東 友道康夫 厩舎
  • (体重)   433kg
  • (兄弟)   フレールジャック、マーティンボロ等

母年齢等によるデータ

  • 21歳時の14番仔(牡馬)

対象のデータが無く評価しようがないものの、母年齢±3歳で見たら

勝ち上がり率30% (平均獲得賞金1183万) 対象20頭

牡馬の平均56.2%(平均獲得賞金3549万) 対象388頭

結果・・・平均と考えると大きく下回る勝ち上がり率で獲得賞金も低め。

種牡馬からみるデータ

  • 父 ワールドエース

今年産駒がデビューの為、実績は無いが勝手知ったるディープインパクトの仔でもあるので育成面は心配しなくても良さそう。

ちょっと手抜きします(笑)

厩舎のデータ

  • 友道康夫 厩舎

2019年現在、例年より勝率は落としているものの(勝率11%・今までの平均14%)それでも現在リーディング7位と信頼できる厩舎

メイン騎手は岩田騎手・次点でM・デムーロ騎手

得意条件は芝の中距離だが意外とマイルも得意でした。本馬は芝向きだろうから厩舎とのイメージにマッチする。ただ厩舎の成績の割にクラブ馬での活躍馬のイメージがあまりない様な・・・

動画

まとめ

母は高齢でデータからみるといくらこの母でも私は手が出ない。

ただ動画から受けた印象としては体質面は弱くは見えなさそう。あと、脚の捌き等に大きな問題はなさそう。何より顔立ちが良く、目もキレイ。また、厩舎も魅力ではある。

馬体は胴が詰まっており、距離はマイル前後な印象。また、6月生まれという事と調教タイムを見る限り早くても秋ごろの移動か・・・

個人的な評価としてはやはり高齢時の出産という点で手は出さない。確かに血統は魅力だが、牧場としても値段なりの期待値でもあるのかなと・・・

この母の繁殖としての魅力と厩舎の魅力にかけるならアリかも。顔もかわいいし(*´ω`*)【10点中3点】

マチカネタマカズラの17

  • (母年齢)  14歳時の7番仔
  • (募集価格) 1600万
  • (父)    ゴールドアリュール
  • (厩舎)   関東 奥村豊 厩舎
  • (体重)   446kg
  • (兄弟)   ホウオウパフューム等

母年齢等によるデータ

  • 14歳時の7番仔(牝馬)

勝ち上がり率25% (平均獲得賞金994万) 対象8頭

牝馬の平均40.4%(平均獲得賞金1787万) 対象413頭

結果・・・平均から考えると下回る勝ち上がり率と平均獲得賞金も低め

また募集価格帯で母年齢・産駒それぞれを限定すると

  • 1000万台 14歳時の産駒(牝馬)

勝ち上がり率30.8%(平均獲得賞金359万)対象13頭

  • 1000万台 7番仔(牝馬)

勝ち上がり率20%(平均獲得賞金1377万)対象15頭

結果・・・いつも思うんですが1000万台で当たりを引ける人は凄いと思います

種牡馬からみるデータ

  • 父 ゴールドアリュール

コツコツと安定して稼いでくれる仔を出すゴールドアリュール。本馬も牡馬ならよかったのに・・・(多分殆どの人が思っている)

  • クラブで募集のゴールドアリュール産駒・牝馬の平均(3歳世代以上)

勝ち上がり率 38% 平均獲得賞金1250万(対象88頭)

  • クラブ募集のノーザンファーム生産のゴールドアリュール産駒・牝馬の平均(3歳世代以上)

勝ち上がり率 56% 平均獲得賞金1944万(対象18頭)

シルク×ゴルア牝馬は相性悪く5頭いた中で唯一勝ち上がったのは1頭のみ。その1頭も獲得賞金1310万円となかなか厳しい結果に・・・

母父との系統であるミスタープロスペクター系とは相性は良い方なのでその点が救いかも。

厩舎のデータ

  • 奥村 豊 厩舎

最近勢いのある厩舎で現在リーディング38位と結果を出しつつある。またディアンドルも管理しておりシルクとの関係性は良いハズ・・・

メイン騎手は浜中騎手・福永騎手・藤岡(弟)騎手

得意条件はダート寄りなのでゴールドアリュール産駒のイメージから考えると得意条件とは言える。

また、ゴールドアリュール産駒は今まで1頭(牝馬)手掛けている。成績は勝ち上がれていないが1頭のみなので得意かどうとかの判断はつかない。

動画

まとめ

個人的には14歳という年齢は一部の良繁殖を除いて繁殖の適齢期を過ぎていると考えているので、個人的にはスルー。

価格帯と母年齢と併せたデータで考えてもやはり14歳という年齢はかなりマイナス。

ただ系統との相性は良さそうなのと4月生まれで現状でこの体重ならダートを走るのに最低限の体重には増えてきそう。

動画の印象としては脚もとのリスクもそこまで大きく見えないし、現状15秒を切るタイムをやっているなら秋ぐらいにはデビュー出来そうな印象を受けた。

今までの兄弟の父親から今回初めてダート種牡馬を付けている事が産駒の能力にどう影響するか見守りたい・・・

個人的な評価としては顔がなかりカワイイ・・・は冗談として、母の繁殖のポテンシャルは一定以上ありそう。また現状馬体や動画は問題点な見つからなかったものの、ダートを走るにはまだまだ小柄なので成長待ちな部分はある。【10点中3点】

シーハングザムーンの17

  • (母年齢)  5歳時の初仔
  • (募集価格) 3200万
  • (父)    Cairo Prince
  • (厩舎)   関西 松永 幹夫 厩舎
  • (体重)   500kg

母年齢等によるデータ

  • 5歳時の初仔(牡馬)

勝ち上がり率36.4% (平均獲得賞金416万) 対11頭

牡馬の平均56.2%(平均獲得賞金3549万) 対象388頭

結果・・・平均と考えると大きく下回る勝ち上がり率で獲得賞金も低め

また募集価格帯で母年齢・産駒それぞれを限定すると

  • 3000万台 5歳時の産駒(牡馬)

勝ち上がり率50%(平均獲得賞金780万) 対象4頭

  • 3000万台 初仔(牡馬)

勝ち上がり率54.5%(平均獲得賞金1883万)対象11頭

結果・・・平均と比べても勝ち上がりはそんない差異はない

種牡馬からみるデータ

  • 父 Cairo Prince

OBSマーチセールでの購入。まだまだ日本で実績は無いに近い。

現在3頭がデビュー済みで1頭勝ちあがりしている。

その勝ち上がった1頭は本馬と同じ母父がエーピーインディのボールドルーラー系なので相性は悪くは無いはず・・・

厩舎のデータ

  • 松永幹夫 厩舎

2019年現在、現在リーディング12位で勝率も約15%とかなり良い数字

メイン騎手は武騎手

得意条件は芝でもダートでも。という事で問題なさそう。

また、Cairo Prince産駒は今まで1頭手掛けている。また既に3歳の現時点で2勝上げており面白いと思う。

動画

まとめ

 

脚もとのリスクがあるのは頂けないが、写真で馬体を見るよりは動画で見た方が印象は良かった。

またセール時の調教動画を見たが、やや一杯に追い切られてからスピード出したのが気になる・・・やや大人しめ!?

個人的に気になるのはやはり母が5歳時の初仔という点。もちろん活躍馬はいない訳では無いが平均獲得賞金がそこまで高くないように大物を出す確率が低い。

その点を考慮して個人的な評価としては【10点中5点】

 

2019年シルクホースクラブ2次追加募集の発表!個人的評価(関東編)どーも こんにちは てつなりです。 ついに発表されましたね。2次募集。 私は昨年この2次募集の売れ残っていたカムアップロージ...

 

あしたも仕事で眠たくて最後は駆け足(笑)ですが、個人的に今回の追加募集で受けた印象としては、どうしても出資したい!!とまで思える馬はいませんでした。

もう少し出資申し込みするかどうか考えます。

それではまたーーー(/・ω・)/

 

0
ABOUT ME
てつなり
30代 既婚者 現在は賃貸中心の不動産業で仕事中 主な趣味は旅行とグルメと一口馬主。 その他は投資や漫画も興味アリ 嫁の実家のハチワレ猫(じろう君)が大好き! 気持ちは若くも体が老いてきた・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です